++Capriciou’s Room++


2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  



 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
そろそろココを終了します・・
7月27日(金)
この++Capriciou’s Room++なぁ〜んて云う”閲覧して下さる皆様に対し何の得にもならない”超下らぬスペースも【ただ最初は某友人のHPに足並みを併せるようなカタチの本当に軽いノリだけでスタート】したのですが”そろそろ2年半もの月日と約850回を越える更新”と相成った訳で『ココも何だかマジで潮時っぽい雰囲気が自然と漂い始めちゃってんでしょう・・??本来ならばココってサーフショップの公式ホームページなのだから”数多くの波乗りネタで構成されていなければならないハズなのに”かなりサーフィンには関係無いネタばかり書いちゃってるって云うのも相当な違和感があるしネ(涙)』なぁ〜んて事を思いはじめ”日々の更新作業にも結構なストレスを感じていた”馬鹿な脳ミソの私です。

もしも「毎回ココを書いている自分自身でも相当な違和感」があるのであれば”サーファーの皆さんがそれなりに楽しめるネタで”毎回日記の更新を締め括れば『自ら馬鹿を自称するアイツも結構解ってんじゃんヨ!大体お前如きの下らぬ大馬鹿野郎が”時事ネタなんて書く事自体が”大きな勘違いってモノなんだけどナ♪』みたいな事を常々感じていた方も”およそ2年半の間には”大勢いらっしゃったハズだと思われます。

そんな訳で『見知らぬ他人様がココを観て気分を害するような事も”当然過去にもあったし今後も充分過ぎる程に考えられるから”そうなる前にココを終了させちゃった方が賢明でしょう♪そもそもココに何らかの苛立ちを感じるのであれば”その本人がハナっからココを観ないでくれれば”何の問題も生じないんだけれど・・でもでも世間には「ペンの暴力って言葉」もある位だしココを辞めちゃうって事が誰が考えたってイチバンの得策だよネ・・』なぁ〜んて云う気持ちとなったのです。

追伸:もしかすると「ココとは相当に違ったカタチ」を以て”またまた馬鹿な私の言いたい放題みたいなスペースは”このホームページ上のドコかに暫くすると突如出現するのかも知れません・・ココが本当に軽いノリだけでスタートしちゃって以来”約2年半もの長期間に渡り結構なストレスなども抱えさせて頂きましたが”多分あと数回の更新で日々ご愛顧下さった皆様の前からココは消滅するでしょう!日本全国の複数地域から老若男女を問わず”ココにアクセスして下さった皆様に対し”私は多大なる感謝の気持ちで一杯です・・またドコかで皆さんと再会出来る事を相も変わらず阿呆な私は心より楽しみにしております(^0^)
2007年7月27日(金) No.863

何故に同じ民族同士が・・
7月26日(木)
いよいよ「サッカーのアジア杯」も決勝戦を迎える事になり”その決勝戦への進出を懸けてサウジアラビアと対戦し2−3のスコアで惨敗してしまった”イビチャ・オシム監督率いる日本代表チームは【アジア杯で3連覇の偉業達成を】残念ながら逃してしまいましたが「イラクの首都でもあるバグダッド」では昨日になって自動車爆弾による自爆テロが”ほぼ同時に2件も起きてしまい”アジア・カップ準決勝で【イラクがPK戦(4−3)の末韓国を破り決勝進出】を決めた事を盛大に祝っていた市民達が”少なくとも合計で50人が巻き込まれて”死亡してしまい、135人もの人達が負傷した事実をロイター通信が伝えました。

現在のイラク国内では「度重なる宗派抗争」による流血騒動や国際テロ組織でもあるアルカーイダ系組織に依って”次々と引き起こされるテロ行為が続く中で”混沌とする情勢のイラクにとっては【イスラム教のスンニ派・シーア派が入り混じる両派の選手やクルド人選手などで構成されるイラク代表チーム】がアジア杯での決勝進出の報道は”未だ希望の光さえ見出せぬ状況の中では超久々の朗報”となったハズなのですが「そんな歓喜に沸くイラク市民達の姿」をイラクの国営テレビではTOPニュースとして取り上げ放映していました(バグダッドの各地で住民達が街頭に出て歓喜する光景を映し出した映像は超コアなサッカーファンのみならずココ++Capriciou’s Room++を皆さんもご覧になったのでは・・??)

この自爆テロを伝えたロイター通信に依ると”バグダッド西部に位置する住宅地のマンスール地区では”路上に繰り出した大勢の市民の近くで自動車爆弾が突然爆発し30人の死亡が確認されると同時に75人が負傷・・更に「その爆発の直後」には市の中心部に近い”軍の検問所近くでも別の自爆テロが起きてしまい”付近に居合わせたサッカーファンの20人が死亡してしまい60人もの人々が”何の抵抗もすること無く”負傷してしまったのです(イラク国内で頻繁に起こる自爆テロをTV報道などで観ると”マジで酷過ぎる光景に”私は度々驚かされてしまうモノです・・)

地元の警察当局者は、今回の自爆テロ行為を『コノ2件の自爆テロはイラクTEAMの勝利を祝う人々を狙った事は明らかだ!』との見方を示しているのですが”その一方でフランス通信(AFP)に依ると”バグダッド各地の街頭では【イラクの決勝戦進出の祝砲の代わりに自動小銃などの実弾】を空に向けて撃つ音が大きく響き渡り”市民の少なくとも2人が”その流れ弾に当たって死亡した事も報道しております。

追伸:予てから無宗教派の私は『何故に同じ顔つきをしながら同じ言葉を話す中東地域の彼等は”ただ単に宗派の違いだけで”あんなにも無駄(?)とも思える血を流しながら対立を続けるんだろう・・??仮に彼等がお互いに異なる民族で構成されているとするのならば”チョットした意見や文化の違いから”とても小さな争いが起こってしまっても仕方が無いのかも知れないけどサ・・』みたいな事を常々感じてしまうのですが【とても小さく狭い島国に暮らす大和民族の我々日本人】が有する大和魂って云う感覚からは”彼等の思想は程遠いモノであり”絶対に理解し難いモノなのでしょうか・・??もう本当に同じ民族での”とてつもなく不利益とも思える”無駄(?)な殺戮行為は終わりにしましょうヨ♪何の関係もナイ大勢の市民が巻き込まれるトコロを見るのは”アナタ達と同じルーツであろうアジア人の我々としては”チョット辛過ぎますから(^0^)
2007年7月26日(木) No.862

折角の病み上がり状態でも・・
7月25日(水)
先々週の金曜日に”体調が悪化して以来”関節痛や喉の痛みなどが続き『俺はこのまま夏風邪が治らなくて死んじゃうんじゃナイのかな・・??でもでもコレって本当に風邪なのか・・??もしかすると”現在アフリカ大陸などで猛威を振るう不治の病でもある”例のアレって事は絶対にナイよな!』なぁ〜んて事まで考える程【全く風邪の諸症状が回復しないまま】不安感に駆られる日々を過ごしていたのですが”何とか昨日になってから全快方向”に向かい『コレだったら明日は朝イチに行っちゃうしかナイでしょう♪』みたいなノリで”本日は超久々となる平日の朝イチに”出掛けてまいりました。

昨日”海に行ったTEAMメンバー”のハナシでは『今日の午後は海水温が滅茶苦茶に高くて”チョット無理してでも”今年初のボードショーツ一枚って云うのを既に体験しちゃいましたヨ♪』なぁ〜んて台詞を聞かされており『おいおい本当かよ・・??じゃあ俺も明日の朝イチからショートジョンで海に入っちゃうでしょう!』みたいな考えでビーチに到着すると『コレで本当に海水は温かいのかヨ・・??どう考えても何だか絶対に無理そうな気配が濃厚なんだけれども・・』って云う雰囲気を醸し出しているビーチを目の前にして『今日のショートジョン初挑戦はヤッパリやぁ〜めた!絶対に波待ちしている最中にも寒くてブルブル震えちゃうでしょう・・』って云う好判断(?)でスプリングスーツを着用しての朝イチとなったのです。

そんな判断が功を奏したのか『今朝は昨日とは違い”セット間隔が結構長いから”もしもショートジョン姿で入っていたとしたら結構大変な事になっちゃっていたでしょう・・危ねぇ危ねぇ!』みたいな結果となり【半袖半ズボン姿の装備で朝イチに挑んだのは】間違いなく正解だったのです(だけれど9:00過ぎには物凄い強烈な紫外線が降り注ぎ”結構上半身は裸で下はボードショーツ姿での波乗りは”可能だったのかも知れません・・多分私には無理でしょうが・・)

追伸:約10日間以上も苦しめられた”夏風邪がやっと治り”まだまだ病み上がり状態の身体なのに【丸っきり学習能力を持ち合わせていない馬鹿な脳ミソの私は】もう先日までの体調不良の事など”すっかり忘れてしまい”軽装備での波乗りを画策していること自体が大きな間違いでもあり、本日の朝イチは難無く乗り切りましたが【既に次回のサーフィン時には超軽装備での波乗りを計画】しているあたりが私と云う馬鹿の馬鹿たる所以なのであります(^0^)
2007年7月25日(水) No.861

近畿エリアの梅雨は明けても・・
7月24日(火)
本日になって”大阪管区気象台では”近畿地方の梅雨が明けた可能性がある事を発表したのですが「折からのラニーニャ現象の影響」で梅雨がとても短く、猛暑と予想された日本列島は”逆に平年よりも随分と梅雨が長引き”関東甲信エリアから九州にかけては【7月の日照時間が過去最少になる可能性が高く】今月初めの1日から22日までの平均気温も「冷夏並みの低さ」に留まってしまっているそうです(コレは太平洋高気圧がなかなか強まらない事に起因していて気象庁では”その要因については現在も分析中と”何とも判断をしかねている状況のようですが・・)

そんな梅雨明けを宣言した大阪管区気象台のハナシに依ると”近畿エリアの梅雨明けは長梅雨だった昨年よりも3日早く”平年よりも5日間程遅くなっており【既に梅雨が明けた九州・中国・四国エリアでも】軒並み平年よりも3〜6日間も遅れたカタチでの梅雨明けで「関東エリアは平年なら20日頃には梅雨明け」するのですが”今年は未だに明確な梅雨明けが確認されず”僕らの暮らす地域の梅雨明け宣言が発令されておりません(まぁ梅雨が明けても外気温が低い日ばかりが続いてしまっては結局はおハナシにすらならナイ状態なのですけれども・・)

でもでもコレって「かなり深刻な異常気象現象」ともなっていて”7月の日照時間は統計のある1946年以降”最も少なかったのが西日本では1993年の平年比57諭Αε貽本では2003年の平年比49佑紡个靴董∈Gは22日現在で【それをも下回る西日本が41諭ε貽本ではたったの40佑瞭照時間しか】観測されておりません(1日から22日までの平均気温でも沖縄・奄美地方を除いては”軒並み平年よりも低くなっており”近畿エリアでは1・2℃・・中国地方でも1・4℃・・東北エリアも1℃度それぞれ低くなっているのです・・)

その異常気象とも思える状況の中で気象庁から6月には「太平洋東部〜赤道域の海面水温が下がるラニーニャ現象の発生」が発表されていたのですが”このラニーニャ現象が起きると”南米ペルー沖の暖かい海水が西方向に押し流されて太平洋西部で海面水温が上昇してしまい【この影響でフィリピン付近の対流活動が活発になり】日本の南海上を覆う太平洋高気圧が非常に強まるモノと予測されていたのです。

こんなラニーニャ現象の発生も先月には予測されていたので”コレまでの統計上の数字”などを考え併せても『今年は梅雨入り・・梅雨明けともに早く”今夏は暑くなる可能性が”非常に高いのでは♪』などと気象庁では予想していたのですが”今年は海面水温が上昇しているにも拘わらず”フィリピン付近の対流活動が何故だか全く活発にならないと云う現象が起きていて「気象庁では今月の20日に発表した1か月予報」に於いて今後の平均気温を『平年並み・・若しくは平年より低い!』みたいな方向に修正したのです(僕らのようなサーフィン業界に身を置く立場からすると”世間一般の人達からは一見真夏だけのスポーツ”って云う風に見られがちなサーフィンを取り巻く何とも厳しい風潮(?)を考え併せても冷夏だけは本当に勘弁して貰いたいモノなのですが・・)

追伸:そんなラニーニャ現象の不活発な対流活動の要因について東京大学の某気候力学者は【ラニーニャ活動の周期性を挙げており】インド洋から太平洋西部に係る赤道域では”30〜50日周期で対流活動が活発化する地域が変動”しているモノと考えており『7月は”たまたまインド洋付近だったのだが”コレから8月にかけてはフィリピン付近で活発化するハズ!』と予測しているそうです・・本日の京葉エリアは午前中から広範囲に亘って晴れており『このままドピーカンなお天気が続いてくれないかなぁ〜!もう来週には8月に突入するって云うのに”今年も冷夏では”ボードショーツが全く売れ残っちゃう厳しい夏になっちゃうでしょう(涙)』なぁ〜んて事にもなってしまい「私達サーフィンを生業にする業界人」とっては死活問題ともなってくるのですから・・早く全国的な猛暑を馬鹿な脳ミソが期待しております(^0^)
2007年7月24日(火) No.860

二次災害にも注意が必要です・・
7月23日(月)
先週の月曜日に”日本中を震撼させた”アノ大地震被害から「本日で丁度1週間の時」が経過しておりますが【現在も避難所生活を強いられている被災者の方達の中には】飛行機の機内などでは超有名なハナシともなっている「エコノミークラス症候群」に悩まされている方々も大勢いらっしゃるそうですが『まだ今年の梅雨も終わる気配は一向にナイし”帰りたくても家に帰れない状況の人達は”さぞかしストレスが溜まりまくりの状態なんだろうなぁ〜・・??』みたいな事で”本当に一瞬にして平穏無事な生活から一転して”とても不自由極まりない避難所暮らしを余儀無くされている方達に対し「早く普段通りの生活」を取り戻せるようになって貰いたいモノと【何の変化も無くいつも暇を持て余している馬鹿な私は】心底思っておりますが”地震が発生して都市ガスが止まる基準って云うモノを”コノ++Capriciou’s Room++をご覧の皆さんはご存知でしょうか・・??

私達には馴染みの深い都市ガス供給会社の「東京ガス株式会社のハナシ」では『地震発生に依るガスの止め方は「家庭ごと」又は「地域全体」の2段階に分類され”私ども東京ガスの場合には”まず各家庭のガスメーターのマイコンメーターが”震度5程度の揺れを感じた場合”その家庭への供給がストップする仕組みになっております!』なぁ〜んて云う広報の方からのコメントがありますが「このマイコンメーターって云う代物」は現在”各家庭に設置が義務付けられているメーターで”全国的にみてもほぼ100誘瓩まで普及が進んでいる優れモノらしいのです。

更に”今回の新潟県のような大きな地震が”起きた場合にも『ガス漏れなどに依る二次災害を食い止める為に”地震被害の大きい地域には地区内全体でガスを止めるようにして”比較的被害の小さい地域への影響を最小限に抑えるようになっています・・東京ガスの場合では首都圏を101個のブロックに分けているのですが各ブロックごとにガバナと呼ばれる措置を講じてガスの供給源でガスをストップするのです・・』とも云われております(コレが地区全域でガスの供給がストップするのは”東京ガスのケースでは”地震の震度が5強より強い地震の時に限定されているらしいのですが”コレって都市ガス事業者の規模によっては”ブロックごと・・会社全体など結構マチマチな基準だそうです・・)

でもでも「そんなガス供給が一旦ストップ」した後には”一体どのタイミングで復旧させて良いモノかが”結構解り辛いレベルでもありますが『ガスの供給・製造設備には問題が無く”各家庭レベルで止まったモノに関しては”ご自分で簡単に復旧しても大丈夫でコノ場合には”ガスが止まってスグに復旧しても”特に大きな問題はナイのです♪』などと前出の広報担当者からのコメントもあり【具体的な復旧方法としては】・・.ス器具を全部止めた後に▲スメーターのトコロまで行きメーターの向かって左上の黒いキャップを外し復旧ボタンを押すおよそ3分ほど待つぅスが流れていない場合は赤いランプが点灯するのでランプが消えたら再開・・と云ったようなフローチャートとなっているそうです。

但し”今回のような大きな地震の場合はには”ブロックごとに供給源の根元からガスはストップされている状態でもあり”その場合には単に復旧を待つしか”方法はナイらしく『ブロックごとにストップした場合は”まず供給をストップした全てのお客さまのガスメーターを止め”その次に復旧効率をあげる為に”比較的復旧が出来そうなエリアから”ガス管の漏洩調査や被害がある場合には修理を行い”その作業が終わり次第”1件1件の確認をしながらガスを開栓するという手順になっております!』って云う結構厄介な手順を踏みながらのガス供給再開となるのです(因みに”ガスが止まっている場合には”ガス事業者のHPで復旧方法を発表したり各報道メディアにも発表の協力を求めているそうなのですが・・)

追伸:仮に僕らの暮らす首都圏エリアにも”こんなレベルの大地震が発生した時になって”超慌ててしまい二次災害を招かない為にも「各人が家庭のガスメーターのある場所」やガスの復旧方法を確認しておく心構えも必要なのかも知れませんし【こんな時だからこそ緊急避難グッズを】今一度見直して準備する事こそが”地震大国ジャパンで行き抜く為の”最大且つ最良なサバイバル術にもなる事を皆さんが肝に銘じて貰いたいモノです(^0^)
2007年7月23日(月) No.859

やっぱりアキバって凄い街・・
7月21日(土)
昨日は”夕方の18:00から東京で行われた”サーフィン連盟の某会議に出席する為に【私の地元にあるJRの最寄り駅より黄色いボディカラーの総武線に乗って】世間の人々からは”俗にオタクと称される人種の宝庫(?)としても名高い”本来ならば日本きっての電気街のハズでもある秋葉原を通って「次の停車駅でもある御茶ノ水駅でいつものように下車」しました。

本来ならば”毎月開催されている某会議は”御茶ノ水にあるサーフィン連盟の事務局から程近い距離に位置する某会館で行われるのですが、今回の会議では「毎回利用させて貰っている会場も今月に限り確保が困難だった理由」があった為に【急遽秋葉原駅の近くに建つ別の会場に会議の場所】を移しての話し合いが行われたのです。

某会議の詳しい内容は”ココに書く事は出来ませんが”来月の終盤に伊豆七島の新島で開催が予定されている「第42回全日本サーフィン選手権大会のポイント設定&スケジュール確認」などの議題や”一昨日の++Capriciou’s Room++内でもお伝えした”環境問題についての議論などがあり、某会議は滞りなく終了しました。

ココで現在全日本選手権に出場予定の【全国72支部の代表選手諸君には】耳寄りな情報があるのですが、僕らを全日本のコンテスト会場として設定されている新島まで乗せて行ってくれる東海汽船サンの予約センターでは”只今20日の夜に竹芝桟橋から出発する大型客船の予約状況が大変な混雑をしており”通常の予約方法では【2等客室の空席などは現段階でも全く無い状況なのですが】未だに予約が取れていない方達は『席無し券でも構わないので20日の晩に出発の大型客船を予約したいのですが・・』と電話で先方に伝え「ご自分が乗船を希望する日取りと客室のグレード」を申し出ると【例え先日の予約時に一旦は断わられてしまった20日若しくは21日の乗船券の予約は】絶対に受け付けてくれるそうです(そして必ず正規の予約方法に則って”キャンセル待ちの旨だけは”予約センター側に絶対申し出て下さいネ・・)

全日本へのインフォメーションはココまでで終了させて頂き”本日のタイトルにもある通り”アキバのハナシに話題を戻すと「某会議の終了後」には”誰がどう考えても私が千葉の船橋市にあるお店に戻る時には”御茶ノ水駅から総武線に乗車するよりも【絶対的に秋葉原駅の方が距離的にも近い訳で】40歳を過ぎた大人4人でアキバの街を歩きました。

すると『ネッ!松ちゃん・・見てくれヨ♪アノ車・・アレって絶対にヤリ過ぎだろう・・??』みたいな超派手に外装がペインティングされた乗用車(車種はHONDAシビックでした・・)が通り過ぎ【車内には当然ながら眼鏡を掛けた超神経質そうなメタボリックな若い男性ドライバーが確認出来て】ご丁寧にも”彼の車の後部座席からは”ガラス一面に映し出された2基のモニター画面に【私には全く解らない種類の女性が主人公の超オタクっぽいアニメが】堂々と流されていたのです。

そんな状況の中で”秋葉原駅前に向かって歩き続けた私達の前に現れたのは”派手なコスプレ姿の若い(?)女性や【今や全世界中でもアキバを超有名な不動のオタク街としても認識させたであろう】全身を黒いメイド服に身を包みながら”無心にお店のビラを配りまくるメイド達が”大勢居たのですが「ソノ異様な光景を熱心にカメラ」に収める外国人観光客達を、何故だかとても毛嫌いしたような顔のメイド達は”ビラで顔を隠しながら”超不機嫌そうな表情を浮かべて外国人観光客を睨みつけておりました。

追伸:でもでもアキバって云うトコロは物凄いパワーを放出する街だって事は間違い無く『ココには凄い人数の外人が居るんだナ・・絶対的に多いのがアジア方面の人達で”韓国・台湾・中国の人々が圧倒的に多い中”我々日本人が歩いているみたいな感じもするでしょう・・流石は国際的なオタク文化発祥の地でもあるアキバ!外人サンもオタクっぽい人達ばかりじゃん♪』なぁ〜んて事を感じながら帰りの電車に乗りました(^0^)
2007年7月21日(土) No.857

全世界に誇れる素晴らしい技術が・・
7月20日(金)
今週アタマの月曜日は「海の日に制定された夏気分全開の祝日」でもあり”そんな日本国民の休日以来”今ひとつパッとしないお天気が続いていた京葉エリアなのですが【本日は風も穏やかで程好く晴れ渡り】久々に気持ちの良い午後を迎えらそうなお天気となっておりますが「そんな海の日の午前中に突如起こってしまった新潟県中越沖地震」ですが”現在国内全ての自動車メーカーにピストンリングと云う部品を供給する”部品メーカーのリケン社が【その地震の影響から現在生産を停止】している事で”国内にある全自動車メーカーは完成車の生産を一時停止する”緊急非常事態に追い込まれております。

そんな完成車メーカーの生産停止状況の影響を受け”リケン以外の部品メーカーも”生産調整に乗り出すなど「たった1社の部品メーカーによる生産停止の影響」が今や自動車業界全体に広がっているのですが”今回生産の一時停止を打ち出したのは”今やワールドワイドな自動車企業のトヨタ自動車を始め日産自動車・・ホンダなどを含む乗用車製造会社の8社と、いすゞ自動車や日野自動車など主にトラックやバスを製造する会社の4社で【その合計では12社もの企業】となっており”トヨタ自動車の場合には”国内に点在する全12工場と「生産委託をしている車体メーカー」の工場で、昨日の夕方から本日までの”約1日半に亘り全生産を停止しているのですが”その影響でダイハツ工業や日野自動車への【委託生産分を含む減産規模は】およそ2万6000台にもなる見込みとなっております。

その一方で「完成車メーカーの生産停止」の影響で”大手部品メーカーも生産調整を余儀無くされており”ラジエターやバッテリーなどの自動車部品でも超有名な企業であるデンソーでは「完成車メーカーと同じく昨日の夕方から明日まで」各部品ごとの絶対必要数に応じて生産ラインを停止するなどの措置を講じながら【数量では約3〜4割の減産を計画】しており”週明け以降の対応については”完成車メーカーの動向に応じて検討する方針を打ち出しております(ソレと同様にアイシン精機やカルソニックカンセイと云った部品メーカーでも生産を一時停止するらしいのです・・)

今回の新潟県中越沖地震で被災してしまったリケンは【ピストンリングの国内シェアトップ】(国内需要に関しては実に50佑發離轡Д⇔┐傍擇咼灰譴全世界中では20佑發離轡Д⇔┐鮓悗訌農欧蕕靴さ蚕僂鰺する企業なのです!)の超優良企業で”現在も超特急での復旧作業を進めていて”リケンの広報担当者は『設備の再設置を数日中に完了し”機器の精度や品質の確認を経て”来週早々にも一部の生産を開始できるよう努力している♪』と云った内容のコメントを発表しているのですが【完成車メーカー各社では現段階で週明け以降の生産再開】を予定しているらしいのですが”いかんせんピストンリングの製造過程では”超精密な加工技術を必要としいて『再設置した機器の精度向上には結構な時間を必要とする!』(某部品メーカーの関係者談)みたいなハナシにもあるように”リケンでは今尚インフラ面での復旧が丸っきり進んでいない為に”部品の供給停止が長期化する可能性も充分に考えられるのです(そんな状況の中で”トヨタ自動車からの330人を筆頭に”各自動車メーカーでは総勢約650人もの支援要員をリケンに派遣し復旧作業に当たらせているという状況みたいです・・)

追伸:アノ”肉まん騒動で全世界を震撼させた”パチ物の製作技術がお家芸(?)でもあるお隣の中国を除いては【我々日本人の手先の器用さは世界に誇れる巧みの技】とも世界中で認められており『確かに外国車ってパワーがありボディも馬鹿デカくって魅力はあるけれど”ヤッパリ最後に信用が出来るのは”メイド・イン・ジャパンの日本車でしょう・・段ボール肉まん報道は”中国政府の正式な会見で”北京テレビの完全なるヤラセ報道って云う事になっているけれども一体ドッチが本当の事実を言っているんだろう・・??でもでも我々はコピー品など一切作らないし”自慢の巧みの技は”東南アジア各国にも次々と伝承されちゃっているけれど未だにジャパニーズの精密な製造技術には到底追いつかないでしょう!だからリケンも物凄いシェア率を世界に誇っているんだよネ♪』みたいな事を感じます・・一刻も早い段階でジャパン・メイドのモノが全世界中に再び流通出来る事を馬鹿な脳ミソの私は切実に願っております(^0^)
2007年7月20日(金) No.856

Page/ [1] [2]

[日記管理] [TOP] [HOME]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタルAirbbs.net