++Diary++


2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     



月の日記を
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
* 2021年5月8日(土) 時間をかけないで。
* 2021年5月2日(日) 指板の事。
* 2021年5月1日(土) ギターはそんな楽器です。
* 2021年4月12日(月) ここは遊び場かも?
* 2021年4月1日(木) 笑ってしまえば良いのにね。

指板の事。


昨日の続きとして。

指板は手の汗で変質しやすい。

となると塗装してあった方が良いとなる。
実際にそうなのは確認済み。

フェンダーのメイプルネックは一本の木で指板も兼ねているけどクリヤーを全体に塗ってある。で、しばらく使っても塗装が剥がれない限りほとんど変化しない。

手入れも塗装面なのでボディー全体と同じくポリッシュで仕上げる。
やっぱ楽です。

70年代くらいの話で。
ストラトは50年代のメイプルネックのギタリストが多かった。
60年代はまだオールドギターとしては新しいので憧れの楽器は50年代のメイプルネック。

白っぽい指板のフェンダーは独自のイメージだった。
自分でもその感じはいまだに記憶に残ってる。

で、指板のメンテは塗ってあるメイプル指板が有利って再認識しているところ。

でも最近はローズ指板が好きな人が多いみたい。

初めてのギターにはメンテが楽なメイプル指板がいいように思うのだけど。
人気者がメイプルネックを使えばまた人気復活もあるかな。

ならばと言うわけでローズ指板も塗装しようと思いついていずれ試してみようと。
実際リッケンバッカーってそう言う仕様なんですが。

いずれ実行したらまた話してみようかと思っています。
2021年5月2日(日) No.761

Page/ [1] [2] [3] [4] [5]

[日記管理] [TOP]
shiromuku(cr3)DIARYS version 1.10
CGIレンタルAirbbs.net